アフィリエイトは本業でやっている人、副業でやっている人が多くいると思いますけど、アフィリエイトというのは不労所得のイメージがあるのではないでしょうか?
ブログなどを作って、アフィリエイトの広告を載せておくと、あとは何もしないでもそこから勝手に利益が発生するような状況という印象の人は多いと思います。
それは間違っているとは思わないが、それが永遠に続くわけではないのです。
序盤はある程度の努力量は必要ですけど、ある程度の努力をしたら、そこから何もしなくても収入が常に発生し続けるという状況は確かに存在すると言えます。
だから、不労所得と言える面はあるというのは正しいと思うものの、それは期間限定とも言えます。
アフィリエイトを1年間くらい頑張れば、かなりの記事が溜まり、それが収入を発生し続けてくれるという状況は存在するのですが、それがいつまで続くか?ということです。
全部のケースがそうというわけではないものの、多くの人は検索エンジンから集客をすると思うので、検索エンジンの順位が下がることを考慮しないといけません。
1度作った記事が特定の順位のまま常に変動しないということはなく、時間の経過とともに普通は検索順位が落ちていきます。
それがいろいろな記事で起きていくので、普通に考えたら何もしない状態が長く続くと、アクセス数が落ちて、収入も下がるということになります。
つまり、収入が0になることはないかもしれないけど、不労所得と呼べるほどに稼ぎつづけられる期間は長くはないと思っておいた方が良いです。
つまり、安定してアフィリエイトで収入を発生し続けたいならば、記事を書き続ける作業は常に続けた方が良いです。
毎日やる必要はないかもしれないですけど、定期的にやっていくことをおすすめします。
だから、アフィリエイトは不労所得の面があるというのは事実だとしても、それは不労所得のままずっと稼ぎ続けられるということではないのです。
したがって、アフィリエイトをこれから取り組もうとしている人やもう取り組んでいる人はそういったところを理解しておきましょう。
不労所得を夢見ている人は、不労所得に関する現実を知っておいてほしいです。
短期間であれば何もしない期間があっても、収入に影響しないということは言えるかもしれませんけど、例えば1~2年以上何もしない期間が続くと収入は減ってくることがあるので、検索エンジンからの集客の人に関してはそこは頭に入れておきましょう。