ブログで収益化を狙うとき、話題のテーマを利用してニュース速報などを書く人もいるのではないでしょうか。今世の中で何が起こっているのか、自分の解釈などを加えてニュース記事を投稿していく人も珍しくありません。しかし、ニュース記事はアドセンス収益が狙いにくいということも覚えておく必要があります。

1.ニュース記事には内容と関係のない広告が掲載される
Googleアドセンスでは、その記事の内容に近い内容の広告が掲載されます。例えば、赤ちゃんが欲しいと思う人に向けたブログや子育てのママに向けたブログでは、赤ちゃん関連の広告が掲載されることが多いです。海外在住の人ならば、海外在住の人が日本食を購入するための方法などが広告で出てくることもあります。このように、Googleは記事の内容に近い広告を載せてくれるのです。
その一方で、ニュース記事の場合はその内容に近い広告が難しく、ニュース記事とは全く関係のない広告が掲載されることも珍しくありません。そのため、ニュース記事のブログでは閲覧者の数が増えたとしても、クリックの数が増えるとは限らないのです。

2.ニュース記事ではアドセンスをなかなかクリックしてもらえない
たとえニュース記事に近い広告が掲載されたとしても、人々が関心を持っているのはあくまでもニュースであり、それに近い関連グッズではありません。ただニュースに関心がある人がブログ記事を読んだとしても、アドセンスをクリックしてもらえるとは限りません。
赤ちゃんが欲しいと思っていたり、子育て中の人がブログを見たとき、例えば子育て関連グッズの広告があれば、クリックすることもあるかもしれません。海外在住の人が日本食を安く購入するための方法等の広告を見たとき、やはり関心を持つものです。しかし、例えばインフルエンザの感染者数に関するニュースを見たとき、医療関係の広告を見たとしてもクリックする事はあまりないかもしれません。というのは、読者が関心を持っているのはあくまでもインフルエンザの感染者数であり、医療に関心があるわけでは無いからです。

ニュース記事は訪問者数が増える傾向にあり、見てもらえる回数は増えると言われています。しかしその一方でニュース記事と関連性のない広告が掲載されたり、同時に、ニュースに関心があったとしても広告には関心を持ってもらえないということでクリックしてもらえないことが多いです。そのため、確かに速報ではあったとしても、ニュース記事だけではあまり収益が上がらない傾向があるということも覚えておきましょう。