WEBでお金を稼ぐ方法の1つに、画像販売があります。画像によっては、かなりの単価になる事もありますし、検討してみる価値はあります。どれくらいの単価になるかは画像次第ですが、過去には150万円以上の価格になった実例もあります。

画像を販売して稼ぐ仕組み

多くの方々は、画像を使いたいというニーズを抱えています。自社サイトを活用した販促活動のために、画像を使ってみたいと思っている方も少なくありません。
そもそも法人のサイトを見てみると、よく画像を見かけるでしょう。たいてい販売促進の目的で画像が使われていますが、それはイラストレーターの方から買っている訳です。
画像を売れるのは、イラストレータだけではありません。個人の方々も、画像を販売する事はできます。
画像を販売する方法は色々ありますが、基本的には販売用のサイトに登録する必要があります。一旦は登録を済ませた後で、指定の手順でサイトに画像をアップロードします。サイトによっては審査もあります。そして画像が売れれば、お金が入ってくる訳です。

画像販売の収入はどれぐらいになるか

では上記の画像販売という方法は、具体的にどれぐらい稼げるかというと、それも画像次第です。クオリティーが優れている画像であれば、かなりの値段になる事もあります。
1枚あたり数千円台になる画像もあれば、1万円台になるケースもあります。そうかと思えば1,000円未満になるケースもあるので、それこそ画像次第です。需要がある画像なら、販売単価が高めになる事もあります。
現に過去には、1つの画像に対して180万円ぐらいの値段が付いた実例があります。ある企業が画像を評価した訳ですが、それぐらいの値段になる可能性も秘めている訳です。ですから良い画像を制作できるスキルがあれば、かなりの収入も期待できます。
また画像投稿によって、一晩で数十万円ぐらいお金を稼いだ実例もあります。作った画像を一斉に販売してみたところ、それだけの総額になった訳です。

画像のスキルがある方にはおすすめ

ただ、「どの」画像でも売れる訳ではありません。サイトによっては画像に対する審査もありますから、審査落ちになれば売れなくなってしまうでしょう。やはりクオリティーは求められます。
逆に、画像制作のスキルに自信があるなら、上記のビジネスも注目してみる価値はあるでしょう。需要がある画像を作れるなら、かなりの収入になる可能性もありますし、そのビジネスを始めようと思っている方も少なくあります。